君津宿泊

カテゴリ:未分類( 1 )




君津宿泊 東日本大震災:県内の一時避難所利用少なく、「ニーズを掘り起こす必要」との声も/神奈川

東日本大震災で避難している被災者が、一時避難所となった県内の施設で暮らすのは定員に比べてほんのわずかだ。用意した施設をどう有効活用するか、開設する県や市町村も名案が浮かばない。被災地の避難所は災害関連死が相次ぐ。「もっと被災者のニーズを掘り起こす必要がある」との声も出ているが…。

 横浜市の場合、たきがしら会館(磯子区)は定員約300人に対して5世帯16人。野島青少年研修センター(金沢区)は定員約200人のところ、8世帯11人(ともに26日現在)。いずれも稼働率はわずか5%ほどだ。

 県のホームステイ制度も1400人以上が手を挙げたが、受け入れたのはまだ2人の子どもだけだ。

 「これでキャンセルは4人目です」と言うのは市立金沢小の坂本昌彦校長。25日に被災世帯の小学5年の子ども1人が野島青少年研修センターから同校に通う予定だったが、同センターは12月末に閉鎖するため年明けの転校を心配し、センターに1泊だけして他区の民間アパートを探すことにした。4月上旬に入学予定だった3人の子どもは、「小学校まで遠い」ことを理由にセンターへの入居を取りやめた。

 所管の横浜市子ども青少年局によると、同センターは、8人定員の洋室が25部屋あり、広い食堂や浴室、調理室もある。さらに付加価値をつけようと、リサイクル自転車や、就労活動などの情報収集ができるよう公共パソコン1台も導入した。

 「個室があるので日常生活で、ある程度はプライバシーが守られる」と同局。乳児や発達障害の子は避難所での集団生活になじめない場合が多い。同局は「そうした家庭には格好の避難所のはずだが…」と話している。

 施設受け入れの情報提供はホームページのみだ。被災者の住居ニーズを直接聞き取り、それに見合う支援の在り方を工夫することが、なおも必要なようだ。

 ◆県内で受け入れた被災者数 県のまとめでは、25日現在で659人。うち県や市町村が開設した一時避難所などには207人。公営住宅への入居者は341人。県の制度を利用して一般家庭にホームステイした子どもは2人。高齢者や障害者の社会福祉施設には109人。ホテルや旅館の受け入れは把握されていないが、箱根町は1泊5千円の補助金を出している。隣接都県の受け入れ状況は、東京都889人、山梨県813人、静岡県872人。地元から離れたくない、交通費や生活資金がないなどの理由で、岩手県と宮城県にはいずれも4万人超、福島県では約2万6千人が避難所にとどまり、不便な生活を強いられている。
[PR]



by hoteru_kt | 2011-05-27 18:04

君津の宿泊
by hoteru_kt
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
君津宿泊
未分類

以前の記事

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧